結婚式の前撮り

京都で結婚式の前撮りを考えているなら

京都での前撮りで最高の想い出を

結婚式の写真撮影

前撮り

結婚式を挙げる際に前撮りを行っていないと、式当日は分刻みのスケジュールの合間に写真撮影が何度か入ります。

 

式開始のだいぶ前から新郎新婦は結婚式場に到着し、衣装に着替えてチェックと同時に撮影を行います。

 

式開始後もゲストとの撮影もあり、衣装直しがあればまた撮影を行います。和装前撮りでの慌ただしい中、まともに笑顔が作れるのか撮り直しもままならないまま行うので後悔する人も少なくないです。

 

また、当日悪天候である場合、せっかくの京都での屋外での撮影も出来なくなる可能性もあります。

結婚式当日の流れと前撮りの重要性

結婚式の所要時間は2時間半というのが一般的です。
その中に乾杯、余興、スピーチなどのプログラムを詰め込み
盛り沢山の内容となるので、当日は時間配分が非常に重要となります。


結婚式当日の流れとしてはまずゲストや新郎新婦の入場して、開宴の挨拶となります。


そして新郎新婦の紹介から主賓の挨拶、乾杯、ケーキ入刀とここまでで30分から40分ほどかかります。

さらに食事をしながらゲストのスピーチにお色直しと続きキャンドルサービスがあり、
余興や両親への手紙を読む人も多いでしょう。


勿論これらは人によっては省略する場合もあるので必ずしないといけないという訳ではありません。

その後に閉会の挨拶、ゲストの見送りなどが行われます。


あと結婚式に出席できなかった人から電報があった場合はそれを紹介する
ケースもありますし、この辺はケースバイケースで時間配分についても
新郎新婦が事前に式場のプランナーと打ち合わせをして決定します。

 

そんな結婚式当日の流れをざっと紹介したら分かると思いますが、
とにかく当日は分刻みのスケジュールです。


結婚式はお目出度い事ですが時間がかかる上に新郎新婦が緊張していることもあり、
かなり大変と言えます。


そんな中で写真撮影を行うと、一生に一度の思い出なのに少し疲れた顔を
しているケースも少なくありません。


だからいいコンディションで写真を撮りたいのなら、前撮りをすることをお勧めします。

前撮りをしていれば当日の負担は軽減します。それにお化粧をしてヘアセットをした直後に
写真を撮ってもらえるので、キレイな写真が撮れます。

時間に余裕が持てる前撮りの魅力

 

今は前撮りを行うカップルが増えています。費用はかかりますが、式当日をゲストに割ける時間が持てるほか、写真撮影がない分、スムーズに式を進める事でゲストにとってもカップルにとっても負担が少ないでしょう。

 

また、前撮りのメリットは事前に写真のデータが出来るので結婚式でそのデータを用いる事が出来る点でもあります。屋外での撮影を希望する人には天候に左右されず、京都の素晴らしい一面を背景に撮影できます。

 

先に

 

結婚式の前撮りの流れ|スタジオ予約から納品まで

結婚式の前撮りを満足のいく内容にするためには、その準備が大事になります。
ただ写真を撮るだけと考える人もいるかもしれませんが、人生の思い出を彩る大事な1ページとなることを想定し、どのような場所で何を着てどう撮影してもらうか、よくプランを練り関係者と打ち合わせをしたり予約手配をしたりすることになるので、かなり大掛かりなイベントだと認識しておきましょう。

まずは手配に向けて動き出します。
衣装やヘアメイク、カメラマン、スタジオやロケ地となる撮影場所を確保します。
和装での撮影となる場合には、着付けの出来るプロも手配しなければなりません。

前撮りのタイミングは、その撮影写真を結婚式などで活用するかなどの事情によって異なりますが、通常の写真よりもずっと納期がかかるため必ず確認の上で日程を決めるとトラブルが起きづらいです。
スタジオやロケ地も、特に人気のところであれば早めに押さえておくと安心です。
結婚式のシーズンはある程度偏りがあり、いい季節に行うことが多いです。

厳しい冬場や炎天下の真夏は避けるため、ロケ地やカメラマンは取り合い合戦になってしまいがちです。
撮影したかった場所の予約が取れなかったと残念な気持ちにならないよう、早めに確保して下さい。
場合によっては、撮影イメージについてかなりこだわりの強い人もいることでしょう。ロケ地の中でもこれを背景にしたいとかどんな照明が必要とかにこだわる人もいれば、別のポージングを複数に渡って撮影したいと意気込む場合もあります。

打ち合わせでそのことを伝えれば、相手はプロですからそれ以上のアドバイスや気をつけるべき点などを教えてくれるはずです。
恥ずかしがることなく、自分たちの希望をしっかりと伝えてみてください。

納品については、タイミングや形式についての確認を事前にしておかないとトラブルの元となります。
結婚披露宴の時の受付に飾ったり、前撮り写真をスライドショーのドアがにしたりという想定があるなら、いつまでに手元にないと間に合わないかを考え、少し余裕を持って入手出来るようにすると安心できます。

写真のプリントしたものを受け取るのか、それともデータてもらうのかというのもその後の加工によっては大事なポイントになります。
あとで困らないように、予め確認をして認識合わせをしておくべきです。
衣装は返却期限やクリーニング代など、普通の洋服とは違うため配慮してチェックしなければいけません。